伊勢湾海運株式会社

採用情報

よくあるご質問

<エントリー・銓衡について>
  • エントリーをした際に、エントリーシートをダウンロードする前に画面を閉じてしまったのですが、エントリーシートをダウンロードすることはできないでしょうか?
  • エントリーが完了した時点で返信メールが自動で送信されます。 そこからもエントリーシートをダウンロードすることができます。
  • エントリーをしたのですが、返信メールが届きません。
  • フリーメール等を使用している場合は自動で返信されるメールが迷惑メールと判別されている可能性があります。 一度、迷惑メールフォルダを確認してください。
  • 職種の併願はできますか?
  • 併願はできませんので、ご自身のキャリアプランに応じて、総合職か一般職どちらかを選択してエントリーをお願い致します。
  • 企業研究の為OB・OG訪問をしたいのですが、紹介はしていただけますか。
  • OB・OGのご紹介は行っておりません。各大学の卒業生名簿等をもとに、直接本人にご連絡していただくことは可能です。
  • 会社説明会の日程を教えて下さい。
  • 書類選考を通過された方のみ連絡致します。会社説明会の予約はWEBにて受付を行います。WEB上のエントリー後にエントリーシートの提出が必須となっておりますので、期限までに必ずご郵送ください。
  • 銓衡のスケジュールを教えて下さい。
  • ①書類選考→②会社説明会・第一次銓衡試験(筆記試験、総合職のみ面談)→③第二次銓衡試験(適性検査、集団面接)→④最終銓衡試験(個人面接)→⑤内々定期間は2ヶ月程度を予定しております。
<入社後について>
  • 採用勤務地(名古屋、東京等)は、自分の希望を聞いていただけるのでしょうか?
  • 一般職採用の方は、ご希望があれば最終面接時にお伺いいたします。 総合職採用の方は会社側にて決めさせていただきます。
  • 勤務時間が9時~17時となっていますが、実際の社員の方々はどの様な勤務体系になっているのか教えて下さい。
  • 原則は9時~17時ですが、職務によっては8時30分~16時30分というところもあります。 時間外勤務は業務に応じて様々ですが、平均的にみて総合職は20~25時間、一般職は5~10時間程度となっています。 本船荷役監督であるスーパーバイザーは本船の寄港時間と荷役時間にあわせて24時間体制で従事しており、2交替制をとっている部門もあります。
  • 入社後に必要とされる資格や入社前に取得しておくと便利な資格などありますか?
  • この資格がないと入社出来ないといったものはありません。 しかし、英語、中国語などの語学力や通関士などの資格については、あればベターであることは間違いありません。 必ずしも語学力等があるから有利といったものではありません。あくまで個人の数ある能力のひとつとしてとらえさせていただいています。
  • 海外で勤務してみたいのですが、どの様な方が赴任されているのですか?
  • 海外勤務は総合職のみとなっています。 海外駐在員の仕事内容は、営業などの通常業務のほか、現地採用のローカルスタッフの管理や経理面など多岐にわたり、大変重要な任務となります。いわば、最高責任者の立場として赴任します。 日本において10年以上のキャリアを持つ社員が赴任しています。ただし、中国に限っては通訳業務を兼ねて2~3年目の社員も赴任し、頑張っています。
  • 配属はどのように決定されますか?
  • 入社後の新入社員研修(約2週間)を通して、本人の適性などから判断し、人事課で配属先を決定します。
<働く環境について>
  • 働く服装を教えてください。
  • 仕事の内容や部署ごとに異なりますが、基本的に総合職は作業着やスーツ、一般職は制服を着用しています。
  • 部署間を越えた社員同士の交流はありますか?
  • 海外研修旅行(2年毎)や労働組合のボウリング大会などがあり、普段の業務ではなかなか関わらない社員同士の交流の場となっています。
  • 女性が働きやすい環境は整っていますか?
  • 仕事と家庭の両立を支援するため、「産前産後休業」と「育児休業」の制度を備えております。年々育児休業の取得率も上がっていて、女性にとって働きやすい職場環境が整っています。
ページの先頭へ
ページの先頭へ
Japanese | English | Chinese