伊勢湾海運株式会社

拠点案内

輸入事業部

新規事業にも果敢に取り組む開拓者集団!

穀物・飼料チームでは大手商社が輸入する食糧、飼料原料等の取り扱いを中心としています。東名港事業所を物流基地として全国の配合飼料メーカーへの海上、陸上輸送による原料供給のほか、定温・冷蔵・冷凍機能を強化した西名港多機能倉庫では、農水産品の適切な保管を行い、お客様の窓口まで迅速、確実に配送できる一貫物流システムを整えています。
また、豊橋支店内の粉砕加工、パッキング工場では鉱物原料の輸入から加工生産、納入までを一貫で行い、全国の土木、鋳造メーカーへ出荷しております。

鉱産・原料チームでは、石炭、コークス、合金鉄、アルミインゴット、雑貨の輸入とスチールスクラップの輸出を行っており、船内、沿岸、倉庫等の荷役、コンテナ運搬、輸出入通関ならびに貿易関連諸業務まで一貫体制で対応しています。
また豊橋支店に隣接した土場に大手製鋼メーカーの専用製鋼原料ヤードを開設し、受入から荷役、本船傭船業務を請け負い、年間約4万トンを内航船にて輸送しております。

資源・再生チームでは、資源リサイクルにも取り組んでおり、”モノを運ぶ”というお客様のニーズにお応えするだけでなく、”廃棄するモノを適正に運び処理する”というリサイクルを含めた廃棄物処理に対してもトータル的にサポートできるシステムとなっています。名古屋市に中間処理施設を建設し、産業廃棄物の再生を目的とした再資源化(マテリアルリサイクル)と提携セメント工場などにおける補助燃料化(サーマルリサイクル)を二つの柱とし、企業から排出される産業廃棄物を適正に処理しています。平成17年4月に、新たなリサイクル工場を中国天津市に建設しました。ここでは、日本の技術を駆使した日中環境保全の架け橋として

  1. 1.プラスチック再生加工利用
  2. 2.再生資源の利用と開発
  3. 3.中国国内から発生する廃棄物のリサイクル化
  4. 4.新たな物流の構築

を目的としています。

通関課は、NACCS端末などオンラインを駆使し、輸入貨物を中心とした通関書類の作成、税関に対する申告等の手続きをしています。税関職員による貨物検査の際は、指定検査場にて税関検査の立会いも行います。また、各自のパソコンに組み込まれた社内システム・商品検索ファイルなど、独自の業務ツールと豊富な実績を駆使し、リードタイム短縮に貢献しています。

〒455-0032 愛知県名古屋市港区入船一丁目7番40号
穀物・飼料チーム
TEL(052)661-5189
FAX(052)661-6126
鉱産・原料チーム
TEL(052)661-5187
FAX(052)661-6585
資源・再生チーム
TEL(052)661-5176
FAX(052)661-6585
通関課
TEL(052)661-5188
FAX(052)661-2177
主な設備
東名港事業所
飼肥料類の取扱い基地
豊橋支店
鉱産物類の加工生産基地
西名港現業所
多機能倉庫、農政局指定倉庫でもあり、冷凍冷蔵、定温と幅広く機能的な施設
空見事業所(空見リサイクルセンター)
廃プラスチックを主体とした中間処理施設
ページの先頭へ
ページの先頭へ
Japanese | English | Chinese