伊勢湾海運株式会社

拠点案内

鍋田埠頭コンテナターミナル

弊社のコンテナリゼーションの中心的な存在として活躍中です。

平成9年4月、弊社が、名古屋港埠頭公社が建設した第1バース(T-1)を港湾運送事業者として全国で初めて単独で借り受け、運営を開始したことからスタートしました。

その後、コンテナ船の大型化や輸出入貨物量の増加により、高規格コンテナターミナルの整備が急務となり、平成12年に第2バース(T-2)が完成しました。こうした背景から、平成13年4月、港湾運送事業者8社(現9社)による共同出資により管理運営会社である名古屋ユナイテッドコンテナターミナル株式会社を設立し、平成24年に第3バース(T-3)が完成、連続3バースの供用を開始しました。

当コンテナターミナルでは、中国、韓国、台湾航路のコンテナ船を取り扱っており、名古屋港全体の取扱個数約260万TEU(20フィーターコンテナ換算個数)の内、約43%を取り扱っています。

伸びゆく中部経済圏の海の玄関口として、また、中国をはじめとするアジア地域の貨物量の増加に対応するコンテナターミナルとして、お客様がご利用しやすい港づくりに鋭意努力をしています。

鍋田埠頭コンテナターミナル
〒498-0069 愛知県弥富市富浜五丁目1番地
TEL(0567)68-5771
FAX(0567)68-5775
大きな地図で見る
ページの先頭へ
ページの先頭へ
Japanese | English | Chinese