伊勢湾海運株式会社

採用情報
日中を繋ぐ架け橋になりたい
という思いが伊勢湾海運に
入社した決め手です。
石田 竜之介伊勢湾(広州)国際貨運代理有限公司 平成24年入社
現在どんな仕事をしていますか?当社での忘れられないエピソードを交えて教えてください。
中国広州で物流の提案・サポートを行っています。

中国の広州で、日系企業を中心に総合物流の企画提案、物流面でのサポートをしています。
営業として広州に赴任しましたが、日本での営業経験がなかったため、客先回りを始めた頃は、お客様を前に緊張のあまり言葉に詰まることが多かったのですが、ある日そんな私を見かねて、お客様であるにも関わらず「ゆっくりでいいから落ち着いて」とお気遣い頂き、アドバイスまで頂きました。今では良い思い出となっています。そのお客様からは今でも公私関係なくアドバイスを頂いています。

仕事のやりがい、醍醐味はなんですか?
足を使った地道な営業が仕事に繋がった時は達成感を味わえます。

営業の醍醐味と言えば、いかにお客様のところへ足を運び、見積りの依頼をもらってくるかだと考えています。見積り依頼をもらわなければ仕事は始まりません。
何度も足を運べば自然と話も弾み、「そういえば、こういう話があるんだけど、お願いできるかな?」とご依頼を頂くことができます。
見積りが仕事に繋がり無事輸送や作業が完了した際には達成感を味わえますよ。

当社に入社した決め手となったのは何ですか?
中国への留学を機に日中を繋ぐ架け橋になる仕事をしたいという気持ちが芽生えました。

私は大学時代に中国語を専攻しており、中国への留学を機に輸出入に興味を抱き、日中を繋ぐ架け橋になれるような仕事をしたいと考えていました。貿易立国である日本にとって貿易は必要不可欠なものであり、安定して仕事ができると考えていたからです。伊勢湾海運は東海地区の中でも特に中国に力を入れている国際物流業者なので迷うことなく決めました!

職場の雰囲気はどんな感じですか? また職場にはどんな人がいますか?
個性豊かなスタッフに囲まれ和気藹々とした雰囲気の職場です。

職場の中国人スタッフは、個性豊かな人材が集まっており和気藹々としており、非常に過ごしやすい環境です。文化の違いが原因でたまに戸惑うこともありますが、日本人は私を含め3名で、年齢が10歳上と13歳上の方と比較的に年齢が近いため、仕事の話・プライベートな話と分け隔てなく公私ともに仲良くお付き合いさせて頂いています。

入社する前と今とであなたはどう変わりましたか?
相手の立場に立って行動できるようになってきました。

入社前は目の前の事しか考えておらず、メールや会話をする際に自分が分かっていることは当然相手にも分かっているだろうと決めつけて行動していました。 相手が友達ならまだしもお客様だとしたら・・・お話になりません。
物流業はサービス業なので、まずは相手の事を考え、丁寧で細やかな対応をするよう日々心掛けています。

Message
就活は楽しいと言う人もいれば、つらいと言う人もいます。
私は後者で、多くの企業からお祈りされてなかなか内定を頂けず苦労しました・・・
何かとつらいことが多い就活ですが、諦めずに続けていればいつか必ず自分に合った企業と巡り会えます。それが伊勢湾海運であったならば一緒に頑張っていきましょう。
就活が終わった後は目一杯遊んで、大学生活に悔いを残さないようにしてくださいね!!
石田 竜之介
ページの先頭へ
ページの先頭へ
Japanese | English | Chinese