伊勢湾海運株式会社

採用情報
世界中の人に影響するコンテナ、
規模の大きな仕事に
関わっています。
関 純平コンテナ事業部 鍋田埠頭コンテナターミナル 平成24年入社
現在どんな仕事をしていますか?当社での忘れられないエピソードを交えて教えてください。
コンテナ船のプランナー・フォアマン業務を行っています。

鍋田埠頭コンテナターミナルにてコンテナ船のプランナー・フォアマン業務を行っています。入港2日前から重量や仕向地を考慮して積みプランを作成します。荷役中はフォアマンとして荷役が円滑に進むように関係各所と打ち合わせをします。初めて現場に出た日に本気で怒鳴られたことは今でも脳裏に焼き付いています。(今では怒鳴られること=愛情の裏返しと理解できるようになりました。)

仕事のやりがい、醍醐味はなんですか?
国際貿易の最前線で規模の大きな仕事に関わっていると感じます。

国際貿易の最前線で働けることがこの仕事の一番のやりがいです。現場ではコンテナの外側しか見ることはできませんが、このコンテナの中身が日本だけでなく世界中の人に影響していると考えると、規模の大きな仕事に関わっていると感じます。

当社に入社した決め手となったのは何ですか?
大学で学んだ英語を活かしたいと思ったことがきっかけです。

外国語学部出身なので大学で学んだ英語を使えると思い入社しました。貿易に関する書類で英語のリーディング能力を養い、船の上ではリスニングや話す能力を養っております。おかげで現在ではフィリピン、韓国、中国などの訛りのある船員英語をすんなり理解できるようになりました。

職場の雰囲気はどんな感じですか? また職場にはどんな人がいますか?
自社、他社の分け隔てがなく気軽に話ができる雰囲気です。

現在働いている鍋田埠頭コンテナターミナルは公共バースなので当社の社員だけでなく、同業他社の方々と一緒の事務所で働いております。特にフォアマン同士は現場という共通の話題があるからか、自社や他社の区別なく気軽に話ができる雰囲気です。作業員さん達と一緒に働いているので、職員であっても勢いのある方が多いです。

入社する前と今とであなたはどう変わりましたか?
様々な方と一緒に働く環境の中で人見知りがすっかりなくなりました。

学生時代は気の合う同世代の友達と一緒にいれば良かったのですが、この現場に派遣されてからは毎日立場も年齢も、さらには国籍も違う人と働かなければいけません。このような環境の中で仕事をするうちに人見知りがすっかりなくなりました。

Message
当社は日本の経済活動を港の現場から支える会社です。毎日、何かしらの事件(?)やトラブルは発生していますが、荷役が無事に終わり、本船出港を見届ける時は非常に大きな達成感があります。
そんな当社のホームページにたどり着いたという方は何かの運命的なものに導かれているかもしれません。この運命に従い是非当社に入社してともに荷役の現場で戦いましょう!
関 純平
ページの先頭へ
ページの先頭へ
Japanese | English | Chinese