伊勢湾海運株式会社

ISEWAN PLAZAいせわん・ぷらざ
VOL.782017/02/21

平成28年度 フォローアップ研修

フォローアップ研修

毎年恒例となった伊勢湾海運グループのフォローアップ研修。今年は、平成25年入社の総合職18名が、11月10日(木)~11月12日(土)にかけて2泊3日の研修に参加しました。研修会場は、例年と同じく鈴蘭高原の保養所“鈴蘭荘”および最終日の法話をして頂いている蓮開寺にて行われました。

研修の目的としては、入社から現在までを振り返り、現在与えられている業務や仕事上の立場や役割を分析すること。また、分析を通して明確になった点を解決する為のスキルを身につけること。そして、伊勢湾海運グループの組織機構や会社の数字など入社4年目の社会人として恥ずかしくない知識を習得することなどが挙げられます。

加えて、同期が一堂に会する貴重な機会でもあり、講義終了後の時間も有効に活用して、お互いの考え方や悩みを話し合うことで、より一層の親睦を深める場にもなっております。

ここで、参加者のレポートより一部抜粋して紹介したいと思います。

蓮開寺での法話において、「本物と偽物は見えないところの在り方で分かる」という教えがありました。枝葉や花は目立ち、華があるが、それを支えるのは幹であり、見えない根がその全てを支えているという例えを説いていただき、感銘をうけました。

同期と話す事で、それぞれの業務での難しさややりがい、目標や悩みを共感でき、団結力も深まったように感じます。今後もこの同期との繋がりを大事にしていき、共に力を合わせて、協力していきたいと思います。そして、会社を引っ張っていけるよう、今後も切磋琢磨して参ります。

各個人の発表

グループディスカッションでは自分の役割・仕事の見直し・改善点などを話し合いました。違う視点から見てもらう事によって、自分では発想もしないことに気づかされ大変勉強になりました。また、自分の考えが固定観念に囚われていることに気づき、もう少し物事を柔軟に考え広い視野で見て行かなければならないと思いました。

蓮開寺での法話
前の記事へ アーカイブへ
ページの先頭へ
ページの先頭へ
Japanese | English | Chinese